人気ブログランキング |

大名教室スキルアップ講座

受講生のスキルと要望により下記の項目から講座(中級、上級)を編成していきます。

2019年1月11日(金)(午前10時~11時45分)~

スキルアップ講座


●スタッフ
チーフ 大西静麿ホームページ
サポータ 鹿島、辻、川平
教室だより
Windows10の発売と保証期間
先ず知っておきたいwindowsの基本
不要ソフト(アプリ)の削除方法
・スタート⇒コントロールパネル⇒システムセキュリティ⇒管理ツール⇒サービスソフトを無効にする
itunesアプリスマホの継続中止方法
itunesアプリパソコンの継続中止方法
twitterの登録と使い方
ニコンオンラインSPACE
ニコンオンラインSPACE教材画像
web売買について
巨大データとAIの時代
国立情報学研究所とは
記憶単位と容量
不要ソフトのアンインストール方法
囲い文字作成方法
W10バージョンアップ方法
健康寿命

教材目次
1、パソコンの基本操作
2、電子メールの基本操作
 メール詐欺注意事項
OUTLOOKメール各種項目設定
3、おさらい教室教材1(Word基本)
4、おさらい教室教材2(WORD基本)
5、おさらい教室教材3
WORDの基本操作
・教材 秋の大運動会
・教材 北海道旅行記
PDFファイルの活用
筑後紀行文
・原稿用紙で入力する
・図を描きその中に写真を入れ込む方法
図の効果の使い方
WORDの得意技ーその1
・袋とじで文書作成
・袋とじ印刷方法
6、表の作成及び計算式の入力
表フローシートの作成手順
7、WORDでのはがき作成

8、練習問題 教室利用について
9、EXCELの基本操作1
10、EXCELの基本操作2
EXCEL関数の使い方(Excel(エクセル)関数一覧表 - DTI)
11、デジカメの基本
12、画像編集&画像の活用

動画(Media エンコーダ)による画像編集操作方法説明
13、CDへの保存方法
14、プリンターの接続、設定、プロパティ操作

15、ブログの基礎
16、HTML言語の基本
17、twitterの使い方
18、ニコンオンラインギャラリーの使い方
19、Windows live ムービーメーカーの使い方
20.フラッシュ作成ソフトwindows Easy Toon の使い方
21,Webへのファイル転送FFFTPの使い方
22、ペイントソフトの使い方
23,絵を描いてみる
24,描いた絵をクリップアートに登録して活用する方法
25,etaxを使って確定申告をする
26、SNSとは何
27、Googleの活用方法

WINDOWS10のログイン省略
WIN+R ➡NETPLWIZ ➡ユーザーアカウントパスワード入力不要にする
簡単に素人作成アニメ事例
b0045016_16121968.gif

追加講座項目-1
ワードアートを2007方式で直接起動する⇒ALT+IPW
読み取り専用になってしまう場合
→ドキュメントフォルダー画面の整理⇒レイアウト⇒プレビューウインドウのチェックを外す
1、 枠作り・・・・・・・段組・壁新聞
2、 レシピ作成・・・オートシェイブ
3、 Excel基本
4、 プリンターいろいろ
5、 組織図の作成 
6、 デジカメ写真の取り込み
7、 CD/DVDの基礎&書き込み
8、 携帯写真の取り込み

9、 WORD又はEXCEL名簿を封筒に差し込み印刷する

10、Windowsフォトストリー3による画像の編集
11、Windowsムービーメーカによる動画の取り込み編集初歩
12、Windows Media Playerによる動画の再生、音楽(曲)の取り込み、書き込み13、Windowsの基本知識
14、WindowsLiveメール2011の使い方Web
15,ハイパーリンク(リンク)の使い方
16,webリンク例(ミュージック)
追加講座項目ー2
1、縦書き手紙の作成
2、自治会便りの作成
3、夏祭り見取り図の作成
4、歓迎会のお知らせ
5、デジカメの基本及び写真の取り込み編集
6、EXCEL講座
①サークル収支計算書の作成
②見積書の作成
③グラフの作成
④名簿の作成管理
7、オリジナル年賀状作成&EXCEL名簿の差し込み印刷
①年賀状作成ウィザードを使って自分流年賀状作成
②WORDのオートシェイブ&テキストボックスから作成
③EXCEL名簿を利用した差込印刷

8、ブログとWeb2


おさらい教室
スキルアップ講座「EXCELの復習」
1、条件付き書式設定の使い方
2、並び替え方法
3、オートフィルタの使い方
4、PHONESTICの使い方


・youtubeの使い方



動画(youtube)貼り付け

2019/01/11 大西靜麿
1、WORDの基本操作 (2010,2013,2016)
①WORDとはどんなソフト?
②WORDの起動と終了
③基本画面
④メニューバーとツールバーの使い方
⑤作業ウィンドウの使い方
⑥新規文書の作成
⑦作成したファイルの保存方法
⑧保存ファイルを開く
⑨画面表示方法
⑩ヘルプ

2、文字を入力する
①作成する文書のページを設定する
②入力モードの切り替え
③日本語の入力
④入力中の文字の修正⑤文節変換
⑥ファンクションキーを使った英数字の入力
⑦単語登録と知らない文字の検索
⑧日付と時刻、記号の入力
⑨ルビ
 範囲指定⇒拡張書式⇒ルビ
 (ツール⇒オプション⇒表示⇒フィールドコードのチェックを外しておく)

3、文字、文書を編集する
①文字の範囲選択方法
②文字の挿入と削除
③コピー&貼り付け、文字の切り取り&貼り付け
④クリックボードの文字の貼り付け
⑤書式⇒フォントの使い方(書体、文字サイズ、色、下線)
⑥文字の間隔
⑦元に戻す、繰り返す操作
⑧修正したい特定の言葉を一度に置き換える
4、文書のレイアウトを整える
①同じ書式を繰り返し使う「スタイルと書式設定」
②行間の指定
③右揃え、中央揃え、両端揃え
④箇条書きなど同じ位置に設定「タブ位置の設定」
⑤段落の左端を同じ位置にする「インデントの設定」
⑥ページ番号をいれる
⑦ヘッダーとフッター
⑧任意の場所での改ページ
⑨箇条書きと段落番号の付け方
⑩その他
●ワードアート
●線種とページ罫線と網掛けの設定
●ページ罫線
●別ファイルの挿入
●縦書き
●段組の設定
●よく使う文書を登録する

5、図形・イラストの挿入
①イラスト挿入「クリップアートの挿入」
②図形の調整方法
③オートシェイブの使い方
④オートシェイブの書式設定方法
⑤図形の線種、網掛け、塗りつぶし
⑥図形の立体化
⑦図形のグループ化
⑧テキストボックスの使い方(縦、横)
⑨テキストボックスの書式設定

6、表の作成
①罫線ツールバーを使って自分で表を作る
②表の挿入ボタンで表を作成する
③表内に文字を入力と文字の配置方法
④列、行の幅を変更する
⑤列、行数を変更する
⑥列、行の位置を移動する
⑦セルの結合、分割方法
⑧罫線ツールバー・表のオートフォーマット
⑨線種とページ罫線と網掛けの設定
⑩表の移動、表の削除、罫線の削除
⑪表の計算(オートSUMなど)

7、WORDのその他の機能
①デジタルカメラの画像を読み込む
②画像をWORDに挿入する
③入力ミスを自動的に発見修正する
④あいさつ文を自動的に挿入する
⑤郵便番号から住所を自動入力する
⑥テキスト形式で保存
⑦EXCELの表をWORD文書で利用する

8、知っておきたいファイル操作機能
①既存文書から新しい文書をつくる
(作業ウィンドウの新しい文書⇒既存の文書の選択)
②作成保存した文書を探すとき
(ファイル⇒ファイル検索⇒ファイル名入力⇒検索)
③バックアップファイルの作成設定
(ツール⇒オプション⇒保存⇒バックアップファイルを作成する)
④Webページとして保存
(ファイル⇒Webページとして保存)
⑤読み取りパスワードの設定
(ツール⇒オプション⇒セキュリティ⇒パスワード設定)
⑥書き込みパスワードの設定
(ツール⇒オプション⇒⇒書き込みパスワード入力)
⑦読み取り専用に設定する
⑧編集途中の文書を版として保存
⑨WORD上で行う文書の校正
(ツール⇒変更履歴の記録)
⑩ウィザードを利用してFAX送付状の作成
⑪定型定例文書のウィザードを利用して作成する
⑫はがきの文面、宛名の作成(ウィザード活用)
⑬カレンダーウィザードを使ってカレンダーを作る

9、文書編集
①ドロップギャップ
②囲い文字
③文字幅の調整
(範囲指定⇒書式⇒フォント⇒文字幅と間隔)
④縦中横の設定
⑤組み文字
⑥行頭文字の変更
⑦段落、行間の設定変更
⑧行頭の調整

10、レイアウト作成
①改ページ位置の自動修正
②見開きページの作成
③セクション区切り
④縦横テキストボックス
⑤複数のテキストボックスをリンクする
⑥テキストボックスの書式設定
⑦影付テキストボックス
⑧ページ番号の書式と総ページ数の挿入
⑨先頭のページ番号の設定
⑩ヘッダーフッターへ日付時刻の挿入

⑪ヘッダーフッターの奇数/偶数ページ別設
(ファイル⇒ページ設定⇒その他)

11、長文作成
①見出しスタイル設定と変更
(見出し文字を選択⇒書式⇒スタイルと書式⇒スタイルを変更する時⇒見出し右の
 ▼をクリック⇒変更からフォントや書式を変更する)
②目的の見出し位置に移動する
(表示⇒見出しマップ⇒移動先をクリック)
③見出しに罫線をつける
(スタイル右の▼をクリック⇒変更⇒書式⇒罫線と網掛け)
④アウトラインモード設定と作業
(表示⇒アウトライン)
⑤ヘッダー&フッターに番号や見出しを表示させる
(表示⇒ヘッダーとフッター⇒挿入⇒フィールド⇒フィールドの内容を指定)
⑥文書内の図は表に通し番号を付ける
(画像を選択⇒挿入⇒参照⇒図表番号)
⑦脚注を挿入する
(脚注を入れたい語句の右をクリック⇒挿入⇒参照⇒脚注⇒脚注の設定⇒説明文入力)
⑧目次を作成する
(挿入場所をクリック⇒挿入⇒参照⇒索引と目次の書式を設定)
⑨索引を作成する
(挿入⇒参照⇒索引と目次⇒索引⇒索引項目を指定して登録する)

12、印刷機能いろいろ
①文書内の必要な部分だけを印刷する
(印刷したい部分だけを範囲指定⇒ファイル⇒印刷⇒選択した部分)
②複数のページをまとめて印刷する
(ファイル⇒印刷⇒ページ指定⇒ページ番号の入力例 1-3,5,8、、、、)
③セクションごとに印刷する
(ページ番号の前にs3,s6のようにsを付けて指定する)
④図表は除いて文書のみ印刷する
(ファイル⇒印刷⇒オプション⇒下書き印刷する)
⑤見出しだけを印刷する
(表示⇒アウトライン⇒アウトラインツールバーのレベルの表示⇒レベル指定⇒ファイル⇒印刷)
⑥同じ文書を複数部印刷する
(ファイル⇒印刷⇒部単位で印刷)
⑦後のページから印刷する
(ファイル⇒印刷⇒オプション⇒印刷順序を逆にする)
⑧両面印刷する
(ファイル⇒印刷⇒印刷指定⇒奇数ページ)
(ファイル⇒印刷⇒印刷指定⇒具数ページ)
⑨複数の文書を一度に印刷する
(ファイル⇒開く⇒複数ファイルを選択⇒選択したいずれかのファイルを右クリック
⇒印刷)
⑩印刷プレビュー画面で編集をする
(ファイル⇒印刷プレビュー⇒印刷ツールバーの拡大をクリック⇒変種可能画面になる)
⑪差し込み印刷用のデーターをつくる
(ツール⇒差し込み印刷⇒文書の種類を選択「レター」⇒ひな形の選択を選択⇒差込印刷の設定方法を指定⇒現在の文書を使用⇒宛先の選択⇒新しいリストの入力⇒作成⇒一件目の入力)
⑫はがきの宛名差し込み印刷
(ツール印刷⇒はがきと差し込み印刷⇒はがき印刷⇒宛名面の作成⇒、、、)

13、図形、画像編集
①罫線の設定
(画像を選択⇒罫線⇒選手とページ罫線と網掛けの設定⇒設定)
②画像の一部を切り抜く(トリミング)
(表示⇒ツールバー⇒図で罫線ツールバーを表示させる)
(トリングバーをクリック⇒図をドラッグ)
③テキストの折り返し(画像の配置;前面、背面、、、、、)
(図ツールバーの「テキストの折り返し」ばーを活用する
④組織図を作成する
(挿入⇒図表⇒組織図)
⑤チャート図を作成する
(挿入⇒図表⇒放射線型図表を選択)

14、テキストボックスの使い方
①縦書きテキストボックスの使い方
(挿入⇒テキストボックス⇒縦書き⇒ドラッグして枠を作る)
②横書きテキストボックスの使い方
(挿入⇒テキストボックス⇒横書き⇒ドラッグして枠を作る)

15、複数のテキストボックスをリンクする
①テキストが入力されたテキストボックスをつくる
②もう一つの空のテキストボックスを作る
③テキスト元テキストボックスを右クリック⇒リンク先テキストボックスのリンクの作成
④テキストボックスに背景色、枠線を入れる
(テキストボックスを右クリック⇒テキストボックスの書式設定)

16、テキストボックスに影をつける
①テキストボックスを選択⇒図形描画ツールバーの「影付スタイル」バーをクリック
②影の種類を選択する

17、ページ番号の書式を設定する
①挿入⇒ページ番号⇒表示位置を指定⇒ページ番号ダイアログ下の「書式」をクリック
⇒ページ番号の書式を設定する
②ページ番号に総ページ数を追加する
(表示⇒ヘッダー&フッター  挿入⇒定型句⇒ページ/総ページ数)
③先頭ページのページ番号をオフにする
(挿入⇒ページ番号⇒「最初のページにページ番号を挿入する」をオフにする
④奇数/偶数ページのヘッダー内容を変更する
(ファイル⇒ページ設定⇒その他⇒奇数/偶数ページ別指定)
(表示⇒ヘッダー&フッター⇒奇数、偶数ごとにヘッダー指定)

# by maronet64 | 2005-11-05 21:47 | パソコン教室 | Comments(0)  

おさらい教材原稿「教室利用について」

b0045016_19471034.jpg

# by maronet64 | 2005-10-28 19:46 | パソコン教室 | Comments(0)  

はがき文面の作成(WORD)

大西静麿
WORDでのはがき作成

1、文面の作成
  ①ファイル⇒新規作成⇒テンプレート(作業ウィンドウ)⇒はがき⇒はがき文面ウイザードが  表示される。
  ②下記のウイザードの表示に従い処理
 1)文面の種類(年賀、普通、他)
 2)レイアウトを選ぶ
 3)題字をを選ぶ
 4)イラストを選ぶ
 5)文を選ぶ
 6)差出人の入力
 7)終了

2、文面の修正方法
 1)文面をクリック⇒文面が修正可能となる⇒修正する
 2)イラスト又は写真の編集⇒画像を右クリック⇒図の書式設定⇒レイアウト⇒前面

3、宛名の作成
  ①ファイル⇒新規作成⇒テンプレート(作業ウインドウ)⇒はがき⇒はがき宛名ウイザードが   表示される。
  ②下記のウイザードに表示に従い処理
 1)はがきの種類を選択(年賀、普通、他)
 2)宛名の縦書き/横書きを指定
 3)書式(フォント)を設定
 4)差出人の入力
 5)差込印刷有無指定

# by maronet64 | 2005-10-25 21:53 | パソコン教室  

WORDの基本操作項目


                                                 大西静麿
0、作業ウインドウ
*新しい文書 *クリックボード(編集⇒クリックボード:コピー) *検索ファイル⇒検索 
*グリップアート(挿入⇒図⇒グリップアート) *スタイルと書式(書式⇒スタイルと書式)
*書式の詳細設定(書式⇒書式の詳細設定) *差し込み印刷(ツール⇒はがき差し込み印刷)
*翻訳(ツール⇒その他の校正ツール)

1、ルーラー(ルーラーとは定規の意味)
*表示⇒ルーラー

2、ステータスバー
*ツール⇒オプション⇒ステータスバーをチェック

3、文書の表示モード(表示⇒表示モードを選択)
*下書き表示 *WEBレイアウト表示 *印刷レイアウト表示 *アウトライン表示

4、文書ウインドウの設定方法
*ファイル⇒ページ設定

5、印刷プレビュー

6、見出しマップ
*表示⇒見出しマップ

7、ウインドウの分割
*ウインドウ⇒分割

8、画面のズーム
*表示⇒ズーム

9、ヘルプ機能を利用する
*ヘルプ⇒アシスタントを表示する。
* ツールバーのWORDヘルプ(?)をクリック

10、ライセンス認証
*初めてWORDを起動するときに必要。(オンラインで認証可能)


11、文字の変換(変換の区切りを変更する)
*今日は医者に行った⇒今日歯医者に行った
 →方向キーを使って再変換

12、フンクションキーの使い方。
*F6:全角ひらがな。F’7:全角カナ。F8:半角カタカナ。F9:全角英数字、F10:半角英数字

13、辞書の設定
*言語バーの「ツール」右クリック⇒設定⇒プロパティー⇒辞書⇒使用したい辞書クリック

14、単語の登録
*方法1:言語バー⇒単語/用語登録
*方法2:メニューバーの「編集」⇒日本語入力辞書への単語登録

15、IMEパット
*言語バー「IMEパット」⇒文字一覧;手書き;総画数;部首;音声入力;ソフトキーボード

16、ブロック単位での文字の選択
*Altキー+ドラッグ

17、ショットカットキーによる
*両端そろえ「Ctrl+J」、左揃え「Ctrl+L」、右揃え「Ctrl+R」、中央揃え「Ctrl+E」

18、クリックアンドタイプが使用できないとき
*ツール⇒オプション⇒編集と日本語入力⇒クリップアンド編集をクリック

19、行頭文字を付ける
*書式⇒箇条書き⇒変更ボタン⇒記号選択

20、インデントを設定する
*インデントマーカーの使用
*「段落」コマンドを使う
 「書式」⇒段落

21、計算式
*SUM AVERAGE MIN MAX COUNT

22、EXCELを利用する
*挿入⇒オブジェクト⇒EXCELワークシート


23、描画オブジェクトと図
*描画オブジェクト;線や図形:オートシェイブ:テキストボックス:ワードアート:クリップアート
*図 ;写真 :ペイントで作成したものなど
*描画ツールバーの表示方法 「表示」⇒ツールバー⇒図形描画にチェックをいれる
 ①図形ボタンをダブルクリック⇒その図が固定され連続して描くことが可能
 ②シフトキーを押したまま図形を描くと下記が可能
  ・水平線や垂直線を描く
  ・四角形を正方形にする
・楕円形を正円
 ③Ctrl+Shiftキーを押したまま描く;図形の中心から描くことが可能
 ④Escキー ;描いている途中で中止するとき
 ⑤複数の図形の選択法;一つ目はクリック二つ目以降はシフトキーをおしながらクリック
 ⑥図形の移動、コピー;ドラックすると移動可、Ctrlキーを押しながらドラックするとコピー
 ⑦描画キャンパスを表示させない方法
;「ツール」⇒オプション⇒全般タブ⇒自動的に描画キャンパスを作成するをオフにする
 ⑧描画キャンパスツールバーの表示;キャンパス内を右クリック⇒描画キャンパスツールバーの表示
 ⑨図形の順序を変更; 入れ替えたい図を右クリック⇒順序⇒最前面他選択
 ⑩図形のグループ化;
  ・一つ目の図形を選択
  ・shiftキーを押しながら二つ目以降の図形選択
  ・選択した図形の上で右クリックグループ化をクリック
*図の挿入 「挿入」⇒図 ;クリップアート;ワードアート;オートシェイブ;ファイルから;グラフて
  *bmpビットマップ;emf、emz拡張圧縮メタファイル;gif形式;jpeg形式;png形式;tiff形式

24、テキストボックスの作成&テキストボックスのリンク
*「挿入」⇒テキストボックス⇒横書き:縦書き
*テキストのリンク;2つ以上のテキストボックスを作成;一つ目を選択し外枠上で右クリック⇒テキストのリンクをクリック

25、線種とページ罫線と網掛けの設定
*「罫線」⇒線種とページ罫線と網掛けの設定

26、ウォーターマーク(透かし)の挿入
*「書式」⇒背景⇒透かし

27、段組の設定
*段組したい場所の範囲指定⇒「書式」⇒段組⇒段組の種類選択



28、EXCELの挿入
*挿入⇒オブジェクト⇒EXCELワークシート

29、パスワードの設定
 *ツール⇒オプション⇒セキュリティ

30、ファイルを検索する
 *ファイル⇒ツールボタンの▼をクリック⇒検索

31、Webページの作成
 *Webページにする文書を作成するか作成済みのファイルを呼び出し⇒書式⇒テーマ⇒テーマの選択

[Q&A]

Q-1 文書全体を範囲選択する方法
 編集⇒全て選択(CTRL+A)

Q-2 特定の文字を置き換えたい
 編集⇒置換え⇒置換え⇒検索文字と置換え文字を入力⇒置換え

Q-3 同じ文字幅の書体を使う
 フォント名にPが付いていないものを使う(P⇒プロフェッショナル)

Q-4 縦長・横長文字幅の変更
 範囲指定⇒書式設定⇒「文字の拡大縮小」⇒倍率指定⇒OK

Q-5 インデントマーカーを1文字単位で移動する
 ファイル⇒ページ設定⇒文字数と行数⇒グリット線⇒文字グリット線の間隔を1にする

Q-6 適当な位置で段組をかえる
 挿入⇒改ページ⇒段区切り⇒OK

Q-7 文字をページの上下中央に配置
 ファイル⇒ページ設定⇒その他⇒垂直方向の位置⇒中央寄せ

 

# by maronet64 | 2005-10-14 17:58 | パソコン教室 | Comments(0)  

表の作成と計算式の入力

b0045016_13315869.jpg

# by maronet64 | 2005-10-02 13:32 | パソコン教室 | Comments(0)  

おさらい教材3

b0045016_10213423.jpg



大西静麿
1、作業ウインドウ
*新しい文書 *クリックボード(編集⇒クリックボード:コピー) *検索ファイル⇒検索 
*グリップアート(挿入⇒図⇒グリップアート) *スタイルと書式(書式⇒スタイルと書式)
*書式の詳細設定(書式⇒書式の詳細設定) *差し込み印刷(ツール⇒はがき差し込み印刷)
*翻訳(ツール⇒その他の校正ツール)

1、ルーラー(ルーラーとは定規の意味)
*表示⇒ルーラー

2、ステータスバー
*ツール⇒オプション⇒ステータスバーをチェック

3、文書の表示モード(表示⇒表示モードを選択)
*下書き表示 *WEBレイアウト表示 *印刷レイアウト表示 *アウトライン表示

4、文書ウインドウの設定方法
*ファイル⇒ページ設定

5、印刷プレビュー

6、見出しマップ
*表示⇒見出しマップ

7、ウインドウの分割
*ウインドウ⇒分割

8、画面のズーム
*表示⇒ズーム

9、ヘルプ機能を利用する
*ヘルプ⇒アシスタントを表示する。
* ツールバーのWORDヘルプ(?)をクリック

10、ライセンス認証
*初めてWORDを起動するときに必要。(オンラインで認証可能)


11、文字の変換(変換の区切りを変更する)
*今日は医者に行った⇒今日歯医者に行った
 →方向キーを使って再変換

12、フンクションキーの使い方。
*F6:全角ひらがな。F’7:全角カナ。F8:半角カタカナ。F9:全角英数字、F10:半角英数字

13、辞書の設定
*言語バーの「ツール」右クリック⇒設定⇒プロパティー⇒辞書⇒使用したい辞書クリック

14、単語の登録
*方法1:言語バー⇒単語/用語登録
*方法2:メニューバーの「編集」⇒日本語入力辞書への単語登録

15、IMEパット
*言語バー「IMEパット」⇒文字一覧;手書き;総画数;部首;音声入力;ソフトキーボード

16、ブロック単位での文字の選択
*Altキー+ドラッグ

17、ショットカットキーによる
*両端そろえ「Ctrl+J」、左揃え「Ctrl+L」、右揃え「Ctrl+R」、中央揃え「Ctrl+E」

18、クリックアンドタイプが使用できないとき
*ツール⇒オプション⇒編集と日本語入力⇒クリップアンド編集をクリック

19、行頭文字を付ける
*書式⇒箇条書き⇒変更ボタン⇒記号選択

20、インデントを設定する
*インデントマーカーの使用
*「段落」コマンドを使う
 「書式」⇒段落

21、計算式
*SUM AVERAGE MIN MAX COUNT

22、EXCELを利用する
*挿入⇒オブジェクト⇒EXCELワークシート


23、描画オブジェクトと図
*描画オブジェクト;線や図形:オートシェイブ:テキストボックス:ワードアート:クリップアート
*図 ;写真 :ペイントで作成したものなど
*描画ツールバーの表示方法 「表示」⇒ツールバー⇒図形描画にチェックをいれる
 ①図形ボタンをダブルクリック⇒その図が固定され連続して描くことが可能
 ②シフトキーを押したまま図形を描くと下記が可能
  ・水平線や垂直線を描く
  ・四角形を正方形にする
・楕円形を正円
 ③Ctrl+Shiftキーを押したまま描く;図形の中心から描くことが可能
 ④Escキー ;描いている途中で中止するとき
 ⑤複数の図形の選択法;一つ目はクリック二つ目以降はシフトキーをおしながらクリック
 ⑥図形の移動、コピー;ドラックすると移動可、Ctrlキーを押しながらドラックするとコピー
 ⑦描画キャンパスを表示させない方法
;「ツール」⇒オプション⇒全般タブ⇒自動的に描画キャンパスを作成するをオフにする
 ⑧描画キャンパスツールバーの表示;キャンパス内を右クリック⇒描画キャンパスツールバーの表示
 ⑨図形の順序を変更; 入れ替えたい図を右クリック⇒順序⇒最前面他選択
 ⑩図形のグループ化;
  ・一つ目の図形を選択
  ・shiftキーを押しながら二つ目以降の図形選択
  ・選択した図形の上で右クリックグループ化をクリック
*図の挿入 「挿入」⇒図 ;クリップアート;ワードアート;オートシェイブ;ファイルから;グラフて
  *bmpビットマップ;emf、emz拡張圧縮メタファイル;gif形式;jpeg形式;png形式;tiff形式

24、テキストボックスの作成&テキストボックスのリンク
*「挿入」⇒テキストボックス⇒横書き:縦書き
*テキストのリンク;2つ以上のテキストボックスを作成;一つ目を選択し外枠上で右クリック⇒テキストのリンクをクリック

25、線種とページ罫線と網掛けの設定
*「罫線」⇒線種とページ罫線と網掛けの設定

26、ウォーターマーク(透かし)の挿入
*「書式」⇒背景⇒透かし

27、段組の設定
*段組したい場所の範囲指定⇒「書式」⇒段組⇒段組の種類選択



28、EXSELの挿入
*挿入⇒オブジェクト⇒EXCELワークシート

29、パスワードの設定
 *ツール⇒オプション⇒セキュリティ

30、ファイルを検索する
 *ファイル⇒ツールボタンの▼をクリック⇒検索

31、Webページの作成
 *Webページにする文書を作成するか作成済みのファイルを呼び出し⇒書式⇒テーマ⇒テーマの選択

32、数式の挿入
 ※挿入⇒オブジェクト⇒マイクロソフト数式⇒OK

# by maronet64 | 2005-09-18 09:04 | パソコン教室 | Comments(0)  

案内文「集会所の利用について」の作成例

b0045016_10282913.jpg

# by maronet64 | 2005-07-26 10:07 | パソコン教室 | Comments(0)  

Windowsの歴史その2


Windows の歴史

1、Windows95 ⇒ Internet Explorer2 96年⇒I,E3 97年⇒I,E4
2、Windows98 ⇒ I,E5
3、Windows2000⇒ I,E5
4、WindowsXP ⇒ I,E6
5、VISTAモデル⇒ I,E7
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/editions/default.mspx

やっと上手くいったWindowsの統合!! 2001年、WindowsXP(ウインドウズ エックスピー Windows Experience(エクスペリエンス)のxpを取ったらしい)の登場により16ビット互換の呪縛から開放される事ができました。 WindowsXPには一般家庭用のHome edition(ホーム エディション)と、企業用のProfessional(プロフェッショナル)があります。
VISTAと32bit 64bit法
Ultimate
Business
H premium
H basic

32bit版○○○○
64bit版DSP版、パッケージ版ともにDVDメディアが同梱される別途申し込み別途申し込み別途申し込み
○=そのエディションを購入すれば標準で付いてくる

# by maronet64 | 2005-07-17 12:21 | パソコン教室 | Comments(0)  

愛宕浜教室スキルアップ講座「WORD&EXCEL&画像&プリンター」

b0045016_1133863.jpgこの講座はWORDとEXCEL&画像&プリンターの操作が自由に出来るようになることです。


1、WORDの基本操作を理解する
2、WORDでオリジナルの手紙やはがきを作成する
3、表やイラスト、デジカメ写真を挿入した案内分を作成する
4、2段組の自治会報、3段組の縦型PTA会報を作成する

5、EXCELの基本操作を理解する
6、サークル等の幹事が必要とする収支計算書を作成する
7、グラフを作成、編集する
8、EXCELで名簿を作成する(並び替え、条件付書式設定、オートフィルターの活用)
*列を隠して印刷する 
*タイトルを次ページにも印刷する 
*ウィンドウを分割する
9、EXCEL名簿を活用した手紙&はがきの宛名差込印刷方法

10、Picture Managerによる画像の編集
Picture Managerの操作方法動画(Mediaエンコーダ)による説明
11、プリンターの接続からプリントの設定、よく起こるトラブル対策方法
12、ブログの基本
13、HTMLの基本

追加講座(H20年4月14日より)

1、 枠作り・・・・・・・段組・壁新聞
2、 レシピ作成・・・オートシェイブ
3、 Excel基本
4、 プリンターに関するいろいろ
5、 組織図の作成 
6、 デジカメ写真(含む動画)の取り込み
7、 CD/DVDの書き込み
8、 携帯写真の取り込み
9、 WORDやEXCELで作成した名簿を封筒等の宛名印刷に活用する。
10、Windowsムービーメーカによる動画の取り込み編集初歩
11、Windows Media Playerによる動画の再生、音楽(曲)の取り込み、書き込み

等を基本にゆっくり易しく勉強して行きます。

開催曜日 H20年4月14日(月)からスキルアップ講座として第2クールを始めます(10回)6月23日まで (毎週月曜日13:30~15:30)
▲チーフ   大西⇒ホームページ 
▲サポータ  辻

# by maronet64 | 2005-07-14 10:04 | パソコン教室 | Comments(1)  

WORDでのオリジナルはがきの作成


                                   平成19年7月14日 大西靜麿

1、ページ設定をする
ファイル⇒ページ設定⇒文字と行数⇒縦書き⇒標準の文字数を使う
          ⇒余白⇒上下左右全て10mm
          ⇒その他⇒ヘッダー&フッター共に14mm

2、題字を作る
 縦書きテキストボックスで枠をつくる
 枠内に題字を書き込む⇒文字を範囲指定して⇒書式⇒フォント⇒書体、文字飾り、色
 テキストボックスを右クリック⇒テキストボックスの書式設定
⇒色と線⇒塗つぶし⇒色を指定⇒線の色⇒線なし
⇒レイアウト⇒前面⇒OK

3、文章枠をつくり文章を書く
 縦書きテキストボックスで文章を記入する枠を作る
 枠の中に文章を入力する
 文字の大きさと色などを書式⇒フォントで編集する
 テキストボックスを右クリック
⇒色と線⇒塗つぶし⇒塗つぶし色なし⇒線の色⇒線なし
⇒レイアウト⇒前面⇒OK

4、郵便番号枠を作る
 横書きテキストボックスで枠をつり⇒郵便番号を入力する
 テキストボックスを右クリック
⇒色と線⇒塗つぶし⇒塗つぶし色なし⇒線の色⇒線なし
⇒レイアウト⇒前面⇒OK

5、縦書きテキストボックスで住所&氏名枠を夫々作り入力する。
 テキストボックスを右クリック
⇒色と線⇒塗つぶし⇒塗つぶし色なし⇒線の色⇒線なし
⇒レイアウト⇒前面⇒OK

6、背面に透かしを入れる
 書式⇒背景⇒透かし⇒図⇒図の選択⇒倍率100%⇒OK

# by maronet64 | 2005-07-05 14:40 | パソコン教室 | Comments(0)