デジカメ基礎(画素・ピクセル)

デジカメ入門WEB


デジカメ基礎(ピクセルと画素数)

ピクセルは長さの単位ではありません。
ピクセルは小さな点の集まりで文字や画像を表示しますが、
その小さな点のことを「ピクセル」と呼んでいます。

ピクセルの大きさは、表示する機器の性能や、解像度の設定により一定しませんので、
単純に何cmです、と答えることはできません。dpiが決まっていればCMに換算可です。

プリンタの宣伝やカタログなどで、
「dpi」という単位が表示されています。
dpiはDot Per Inch の略で、1インチにいくつのドット(ピクセル)があるか、を表す単位です。
従ってDPIが表示されていればピクセルの大きさも決まることになります。

たとえば、これが1440dpiであるとき、
1つのドット(ピクセル)の大きさは1/1440インチとなります。

したがって、1インチ=約2.54cmとするとき、
1/1440 * 2.54cm ≒ 0.00176cm = 0.0176mmです。

ディスプレイ装置の画面に表示できる情報の最小単位を、画素 (ピクセル: pixel (picture element から作られた合成語)) といいます。

32×24 ピクセルを 8 倍に拡大すると8倍に荒く表示されます。
ひとつの画素が表示できる色の数は、 割り当てられているメモリのビット数によって決まります。
1 画素あたり 1 ビットの場合は白と黒(または緑と黒、オレンジと黒など)の 2 色、 8 ビットの場合は 2の8乗 = 256 色で、 24 ビットであれば、 赤・青・緑の各色それぞれを 8 ビット (256 階調) で表示できますから、 2の24乗 = 16,777,216 ≒ 1,678 万色の表示ができます。 これを 「フルカラー表示」 といいます。
このような画素が 横に800個、縦に600個敷き詰められると、 SVGA といわれる画素構成の画面になります。
VGA=640X480⇒30万画素 SVGA=800X600⇒48万画素
XGA=1024X768⇒78万画素 SXVGA=1280X960⇒123万画素 
SXGA=1280X1024⇒131万画素 UXGA=1600X1200⇒192万画素


デジカメの基本操作
1、デジカメでの撮影
①バッテリーの充電の仕方
②電源の入れ方、切り方
③日付、時刻の設定方法

2、静止画や動画を撮る
①メモリースティックを入れる、取り出す
②画像サイズを設定する
③通常はがきサイズで1280X960 16Mで24~30枚
④夜景、マクロ撮影など

3、静止画や動画を見る
①デジカメで見る
②テレビで見る

4、静止画を削除する
①削除方法

5、静止画や動画をパソコンに取り込む
①SDカードを挿入口に入れる
②またはデジカメをパソコンにUSBケーブルで接続する
③パソコンに画像を取り込む
④パソコンで画像をみる
⑤画像を編集する
6、画像を印刷する(プリンタ接続方法;印刷の仕方)

デジブック.net にユーザー登録する
1. デジブック.net のトップページにある「 新規登録 」ボタンをクリックします

2. 新規登録ページが開きますので、メールアドレスを入力し(①)、「次へ」ボタンをクリックします(②)。

※1 Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方は、新規登録をせずにログインできます。Yahoo! JAPAN IDで登録・ログインする方法はこちら。
3. 『「仮登録のお知らせ」を送信しました。』と表示されたら、ウィンドウを閉じます。
※この時点では、まだ登録は完了していません。

4. メール を起動すると、受信箱に 【DigiBook.net】仮登録のお知らせ という件名のメールが届いています(①)。メール本文の URL をダブルクリックして登録を完了させてください(②)。
※しばらく経ってもメールが届かない場合は、こちら

5. これで、デジブック.netの会員登録が完了しました。 「デジブックを作る」 ボタンをクリックして、あなただけのデジカメ作品を作りましょう。
[PR]

by maronet64 | 2005-01-12 10:21 | パソコン教室 | Comments(0)  

<< ブログの始め方 画像編集 >>