WORDの基本操作項目


                                                 大西静麿
0、作業ウインドウ
*新しい文書 *クリックボード(編集⇒クリックボード:コピー) *検索ファイル⇒検索 
*グリップアート(挿入⇒図⇒グリップアート) *スタイルと書式(書式⇒スタイルと書式)
*書式の詳細設定(書式⇒書式の詳細設定) *差し込み印刷(ツール⇒はがき差し込み印刷)
*翻訳(ツール⇒その他の校正ツール)

1、ルーラー(ルーラーとは定規の意味)
*表示⇒ルーラー

2、ステータスバー
*ツール⇒オプション⇒ステータスバーをチェック

3、文書の表示モード(表示⇒表示モードを選択)
*下書き表示 *WEBレイアウト表示 *印刷レイアウト表示 *アウトライン表示

4、文書ウインドウの設定方法
*ファイル⇒ページ設定

5、印刷プレビュー

6、見出しマップ
*表示⇒見出しマップ

7、ウインドウの分割
*ウインドウ⇒分割

8、画面のズーム
*表示⇒ズーム

9、ヘルプ機能を利用する
*ヘルプ⇒アシスタントを表示する。
* ツールバーのWORDヘルプ(?)をクリック

10、ライセンス認証
*初めてWORDを起動するときに必要。(オンラインで認証可能)


11、文字の変換(変換の区切りを変更する)
*今日は医者に行った⇒今日歯医者に行った
 →方向キーを使って再変換

12、フンクションキーの使い方。
*F6:全角ひらがな。F’7:全角カナ。F8:半角カタカナ。F9:全角英数字、F10:半角英数字

13、辞書の設定
*言語バーの「ツール」右クリック⇒設定⇒プロパティー⇒辞書⇒使用したい辞書クリック

14、単語の登録
*方法1:言語バー⇒単語/用語登録
*方法2:メニューバーの「編集」⇒日本語入力辞書への単語登録

15、IMEパット
*言語バー「IMEパット」⇒文字一覧;手書き;総画数;部首;音声入力;ソフトキーボード

16、ブロック単位での文字の選択
*Altキー+ドラッグ

17、ショットカットキーによる
*両端そろえ「Ctrl+J」、左揃え「Ctrl+L」、右揃え「Ctrl+R」、中央揃え「Ctrl+E」

18、クリックアンドタイプが使用できないとき
*ツール⇒オプション⇒編集と日本語入力⇒クリップアンド編集をクリック

19、行頭文字を付ける
*書式⇒箇条書き⇒変更ボタン⇒記号選択

20、インデントを設定する
*インデントマーカーの使用
*「段落」コマンドを使う
 「書式」⇒段落

21、計算式
*SUM AVERAGE MIN MAX COUNT

22、EXCELを利用する
*挿入⇒オブジェクト⇒EXCELワークシート


23、描画オブジェクトと図
*描画オブジェクト;線や図形:オートシェイブ:テキストボックス:ワードアート:クリップアート
*図 ;写真 :ペイントで作成したものなど
*描画ツールバーの表示方法 「表示」⇒ツールバー⇒図形描画にチェックをいれる
 ①図形ボタンをダブルクリック⇒その図が固定され連続して描くことが可能
 ②シフトキーを押したまま図形を描くと下記が可能
  ・水平線や垂直線を描く
  ・四角形を正方形にする
・楕円形を正円
 ③Ctrl+Shiftキーを押したまま描く;図形の中心から描くことが可能
 ④Escキー ;描いている途中で中止するとき
 ⑤複数の図形の選択法;一つ目はクリック二つ目以降はシフトキーをおしながらクリック
 ⑥図形の移動、コピー;ドラックすると移動可、Ctrlキーを押しながらドラックするとコピー
 ⑦描画キャンパスを表示させない方法
;「ツール」⇒オプション⇒全般タブ⇒自動的に描画キャンパスを作成するをオフにする
 ⑧描画キャンパスツールバーの表示;キャンパス内を右クリック⇒描画キャンパスツールバーの表示
 ⑨図形の順序を変更; 入れ替えたい図を右クリック⇒順序⇒最前面他選択
 ⑩図形のグループ化;
  ・一つ目の図形を選択
  ・shiftキーを押しながら二つ目以降の図形選択
  ・選択した図形の上で右クリックグループ化をクリック
*図の挿入 「挿入」⇒図 ;クリップアート;ワードアート;オートシェイブ;ファイルから;グラフて
  *bmpビットマップ;emf、emz拡張圧縮メタファイル;gif形式;jpeg形式;png形式;tiff形式

24、テキストボックスの作成&テキストボックスのリンク
*「挿入」⇒テキストボックス⇒横書き:縦書き
*テキストのリンク;2つ以上のテキストボックスを作成;一つ目を選択し外枠上で右クリック⇒テキストのリンクをクリック

25、線種とページ罫線と網掛けの設定
*「罫線」⇒線種とページ罫線と網掛けの設定

26、ウォーターマーク(透かし)の挿入
*「書式」⇒背景⇒透かし

27、段組の設定
*段組したい場所の範囲指定⇒「書式」⇒段組⇒段組の種類選択



28、EXCELの挿入
*挿入⇒オブジェクト⇒EXCELワークシート

29、パスワードの設定
 *ツール⇒オプション⇒セキュリティ

30、ファイルを検索する
 *ファイル⇒ツールボタンの▼をクリック⇒検索

31、Webページの作成
 *Webページにする文書を作成するか作成済みのファイルを呼び出し⇒書式⇒テーマ⇒テーマの選択

[Q&A]

Q-1 文書全体を範囲選択する方法
 編集⇒全て選択(CTRL+A)

Q-2 特定の文字を置き換えたい
 編集⇒置換え⇒置換え⇒検索文字と置換え文字を入力⇒置換え

Q-3 同じ文字幅の書体を使う
 フォント名にPが付いていないものを使う(P⇒プロフェッショナル)

Q-4 縦長・横長文字幅の変更
 範囲指定⇒書式設定⇒「文字の拡大縮小」⇒倍率指定⇒OK

Q-5 インデントマーカーを1文字単位で移動する
 ファイル⇒ページ設定⇒文字数と行数⇒グリット線⇒文字グリット線の間隔を1にする

Q-6 適当な位置で段組をかえる
 挿入⇒改ページ⇒段区切り⇒OK

Q-7 文字をページの上下中央に配置
 ファイル⇒ページ設定⇒その他⇒垂直方向の位置⇒中央寄せ

 
[PR]

by maronet64 | 2005-10-14 17:58 | パソコン教室 | Comments(0)  

<< はがき文面の作成(WORD) 表の作成と計算式の入力 >>