画像編集

Picture Manager の編集機能                                           
                                             SNF大西靜麿(以下Microsoft Office Picture Manager 説明を参照)
Microsoft Office Picture Manager を使用すると、柔軟な方法で画像の管理、編集、および共有を行うことができます。画像がどこに格納されていても、すべての画像を表示することができ、画像を探すには画像の検索機能が役立ちます。Picture Manager では、画像を自動的に修正することもできます。より細かい調整が必要な場合は、数種類の画像編集ツールから選んで実行できます。また、Picture Manager を使用することで画像の共有方法が強化され、電子メール メッセージで画像を送信したり、企業内イントラネット (イントラネット : インターネット技術 (HTTP、FTP プロトコルなど) を利用した組織内ネットワーク。ハイパーリンクを使用して、オブジェクトやドキュメント、ページ、さらにはイントラネット上の別のリンク先に移動していくことができます。)に画像ライブラリを作成したりできます。

1、画像を管理する
・フォルダーの新規作成方法
・画像の圧縮と保存方法
画像を編集するたびに長いツリーの下にあるフォルダを行ったり来たりする代わりに、頻繁に使用する画像のある場所をショートカットで追加することができます。Picture Manager では、現在のフォルダ階層が保持されるので、ユーザーは新たにカテゴリを作成したり画像をインポートしたりする必要がありません。いったんショートカットを作成しておくと、実際のファイル システム上で作業するのと変わりなく、この場所から画像の編集を行うことができます。

2、画像を編集する
明るさとコントラスト、色、トリミング、回転と反転、赤目修正、およびサイズ変更の設定を調整することで、画像の見た目を変更することができます。
編集が終了したら、そのまま元のファイルに上書き保存したり、他の名前または他の場所にファイルをエクスポートして元のファイルを保持したりすることもできます。

3、 画像を共有する
画像の編集が終了したら、ワークグループ内でこの画像を共有することができます。画像は電子メール メッセージに添付して送信したり、より高度な共同作業のために共有画像ライブラリを作成したりできます。この画像ライブラリでは、簡略化された管理機能とロール ベースのアクセス許可が提供され、元の画像を効率良く格納しつつ、任意のサイズや解像度の画像をダウンロードできる独自の画像管理モデルが用意されています。画像の共有では、目的の画像を最も効率的に使用できるファイル サイズに圧縮できることにも留意してください。ファイル サイズを小さくするほど、Web ページでの表示は迅速になり、ディスク容量も少なくて済みます。また、画像を電子メール メッセージで送信して共有する場合にも、より高速に送信できます。

4、画像をクリック

明るさとコントラスト 画像の明暗の差を調節できます。明るすぎたり暗すぎたりする画像もこの機能で修正できます。
色 色合い (色合い : ある色を他の色から最も際立たせる、色の属性。)と鮮やかさ (鮮やかさ : 色の純度を測るためのもの。含まれる灰色の量によって判断されます。色に含まれる灰色の度合いが多ければ鮮やかさは低くなり、少なければ鮮やかさは高くなります。)を調節できます。色が薄過ぎたりぼやけたりしている画像をこの機能で修正できます。
トリミング 画像の不必要な部分をトリミング (トリミング : 画像の余分な部分を縦または横に切り取って、形を整えること。たとえば、画像の特定の部分を強調するためにトリミングを行うことがよくあります。)することができます。画像に不要部分がある場合にこの機能で修正できます。
回転と反転 画像の現在の軸を起点に画像を回転または反転することができます。縦向きの画像が横置きになっている場合などにこの機能で修正できます。
赤目修正 画像の被写体の目がカメラのフラッシュによって赤く写っている場合に、これを取り除くことができます。すべての赤目をこの機能で修正できます。
サイズ変更 画像の寸法を変更できます。印刷用に画像を拡大したり、電子メール メッセージの送信用に縮小したりする場合、またはインターネット (インターネット : 多くのコンピュータ ネットワークや、膨大な数の企業、教育機関、政府機関、または個人のコンピュータを結ぶ世界的なネットワーク。インターネット上には仮想の図書館、商店、美術館などが構築されており、1 つの電子都市といった様相を呈しています。)で共有する場合にこの機能で修正できます。

5、Picture Manager が対応していない Photo Editor の編集機能効果

シャープネス、ソフトネス、ネガ、ノイズ除去、ポスタリゼーション、エッジ、チョーク/チャコール、エンボス、グラフィック ペン、ノートペーパー、ウォーターカラー、ステンド グラス、スタンプ、テクスチャ
ツール ぼかし、シャープ、透過色に変更
イメージのスキャン スキャナまたはカメラから新しい画像を取り込むことはできません (Microsoft Windows XP では、スキャナやカメラから新しい画像を取り込む機能が Microsoft Windows エクスプローラに組み込まれています)。
イメージ Picture Manager 2003 で使用できる色補正機能は Photo Editor よりも限られています。具体的には、ガンマ値の調整機能がないほか、RGB の三原色 (赤、緑、青) の値を個別に補正することはできません。
プロパティ Picture Manager 2003 では、画像の解像度 (dpi) または色深度を指定することはできません。

「本資料はMicrosoft Office Picture Managerヘルプと使い方を参照して転載しています。」

編集した画像の活用
1、WORDで活用(文書、はがき)
2、EXCELで活用
3、写真印刷
4、オンラインギャラリーへの登録と閲覧
5、ブログへの活用
6、HPへの活用
7、facebookへの活用
8、twitterへの活用

windows live ムービーメーカーで編集する
1、ムービーメーカーソフトのダウンロード
2、ムービーメーカーソフトの使い方
[PR]

by maronet64 | 2005-01-09 19:45 | パソコン教室 | Comments(0)  

<< デジカメ基礎(画素・ピクセル) Windows7を試用してみて >>