Windowsの基本機能いろいろ

                    大西靜麿

1、ユーザの設定(2人以上で1台のパソコンを使用する)
 1台のパソコンを2人以上で使用する場合はユーザを夫々に設定すると便利です。
 ①スタート⇒コンパネ⇒ユーザアカウントから設定します。
 ②ユーザのオン、オフ⇒スタート⇒コンパネ⇒ユーザの変更⇒ユーザのオン、オフ

2、ユーザパスワードの設定
①スタート⇒コンパネ⇒ユーザの変更⇒ユーザをクリック⇒パスワードを作成する

3、ヘルプとサポートセンター
①自分のパソコンのシステムの詳細を調べる。
スタート⇒「ヘルプとサポートセンター」⇒ツールを使ってマイコンピュータの情報を表示
 ②自分のパソコンのハードウエアの詳細を調べる
  スタート⇒マイコンピュータ⇒ハードウエア⇒デバイスマネジャー
  ⇒ダブルクリック
 ③ハードディスクの状態を詳しく調べる
  スタート⇒コンパネ⇒パフォーマンスとメンテナンス⇒管理ツール
  ⇒コンピュータの管理をダブルクリック
  ⇒コンソールツリーにあるディスクの管理をクリックする
4、日付と時刻の設定
 ①スタート⇒コンパネ⇒日付と時刻⇒「日付、時刻」⇒変更が可能
 ②スタート⇒コンパネ⇒タイムゾーン⇒東京に設定
 ③スタート⇒コンパネ⇒インターネット時刻⇒今すぐ更新

5、タスクパネルの使い方
 Windowsの各操作を指示するタスクパネルを隠してウィンドウをひろくする
 スタートボタンを右クリック⇒エクスプローラ⇒ツール⇒フォルダオプション⇒全般⇒従来のWindowsフォルダを使う
6、アイコンの並べ方:表示形式を変更する
 ①アイコンの並べ方⇒デスクトップ画面を右クリック⇒アイコンの整理
 ②アイコンの表示形式(デザイン変更)⇒フォルダを右クリック
  ⇒プロパティ⇒カスタマイズ⇒アイコンの変更
7、新しいソフトやドライバーをインストールする
 ①スタート⇒コンパネ⇒プログラムの追加と削除⇒プログラムの追加⇒CD又はFD

8、システムの自動更新方法
 スタート⇒コンパネ⇒システム⇒自動更新設定

9、システムの追加と削除
 ①スタート⇒コンパネ⇒プログラムの追加と削除⇒プログラムの変更と削除
  ;プログラムの追加;windowsのコンポーネントの追加

10、反応がなくなったソフトを終了させたい 
 タスクバー⇒右クリック⇒タスクマネジャー⇒切断

11、動作がおかしい(ループ状態)ジョブを強制終了させる
 CTRL+ALT+DELETEキー⇒プロセスタブ⇒プロセスの終了

12、電源ボタンの動作を変更したい 
 コンパネ⇒電源オプション⇒詳細⇒設定

13、システム標準のソフトが見つからない 
 コンパネ⇒プログラムの追加と削除⇒ウィンドウズのコンポネントの追加と削除
 ⇒追加したいソフトを有効にする

14、インターネット接続オプションの設定の仕方、セキュリティ
 ①メニューバーの移動と変更
  表示⇒ツールバー⇒ツールバーを固定するを解除
  ⇒メニューバー左端点線をドラッグする
 ②I,Eにはメニューバーと3つのツールバーがあり、カストマイズが可能
  表示⇒ツールバー⇒ユーザ設定⇒追加又は削除
 ③表示⇒エンコード⇒文字種類を選択(日本語;Unicode等)
 ④表示⇒ステイタスバー;エクスプローラバー;移動;中止;最新の情報に更新
     文字のサイズ;ソース;プライバシーレポート;前面表示

15、Cookieの管理
 「Cookie」とはWebサイの情報をカストマイズして保存できる小さいテキストファイルのことです。ログオン情報、オンラインショッピングの履歴、アクセスしたサイトのページ、キーワードなどを記録します。
 ①I,E6ではP3PのサポートによりCookieを制限することができます。
Cookieの設定 ツール⇒インターネットオプション⇒プライバシーレベル設定
 ②Cookieのバックアップ ファイル⇒インポート及びエクスポート

16、メールのバックアップ
 ①O,E設定をバックアップ
   ツール⇒アカウント⇒メール⇒エクスポート⇒保存先指定
 ②メールアドレス
 ③メッセージファイル

ActiveXコントロール(アクティブエックスコントロール)
(キーマンズネット IT単語帳より)

Microsoft社が開発したソフトウェアの部品化技術。従来OLEコントロールと呼ばれていた技術に、インターネットに対応するための拡張を施したもの。
ActiveXコントロールはインターネットやイントラネットを通じてWebサーバからダウンロードされ、同社のWebブラウザであるInternet Explorerに機能を追加する形で使用される。
同社を含め各社が様々なActiveXコントロールを公開しており、Webページ上で音声や動画を再生するためのActiveXコントロールや、サーバとクライアントの間で対話的に情報をやりとりすることができるActiveXコントロールなど、様々なものがある。
プログラムをダウンロードしてWebブラウザ上で実行するという点ではJavaアプレットに近いが、ActiveXコントロールはネイティブコードで構成されているためJavaアプレットよりも動作が速く、また、Windowsが用意している機能をすべて使うことができるという利点がある。
反面、Javaアプレットよりもセキュリティが低く、悪意のあるActiveXコントロールによってコンピュータが乗っ取られたり破壊される危険性が指摘されている。


 ※関連用語一覧と解説記事文中のリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。 Microsoft ソフトウェア OLEコントロール インターネット イントラネット Webサーバ ダウンロード Webブラウザ Internet Explorer Webページ サーバ クライアント Javaアプレット ネイティブコード Windows コンピュータ


Windows XPイメージからの再構築とOEの再設定方法

XPの再構築
システムドライブにあるファイルで保存するものはバックアップしておく。
1、4枚のCDを1/4から順次指示に従いインストールする。
2、終了するとコンピュータ名、パスワードの入力要求がある。
3、他のソフトのインストールを継続するときは続けてインストールする。
4、終わったら終了させる。

ウィルス対策ソフトを変更する。
1、付随でインストールされたウィルスソフトを削除する。
 スタート⇒コントロールパネル⇒プログラムの追加と削除
2、新規のウイルス対策ソフトをインストールする。

マイドキュメントの保存先ドライブを変更する場合
1、マイドキュメント⇒右クリック⇒プロパティ⇒ターゲット⇒ターゲットフォルダーのリンク先を変更する
2、変更先は「リンク先を探す」をクリックして探して変更すると確実。




OEの再設定
1、OEを開く
2、ツール⇒アカウント⇒メール⇒追加でアカウントの再設定を行う。
 表示名、メールアカウント、メールアドレス、パスワード、受信サーバ、送信サーバ
3、メール保存フォルダードライブを変更するとき
 OEのツール⇒オプション⇒メンテナンス⇒保存フォルダー

 変更をクリック

 フォルダーの参照画面で本先を探しフォルダー名をコピー、貼り付ける
[PR]

by maronet64 | 2005-03-03 10:56 | パソコン教室 | Comments(0)  

<< Windows基礎講座(第7クール) html言語とは >>